600 こちら 情報 部。 600こちら情報部

『600こちら情報部』懐かしのコールも!

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

⚡ Credit:• 当時、NHKの『ニュースセンター9時』など、報道番組が高い視聴率をとっていた。 この人はすごい人だなと思っていましたが、本当にそのあと、どんどんすごい人になっていきましたね」 このようにお笑い芸人のゲストもいれば、大平正芳総理大臣といった政治家、マラドーナなどのスポーツ選手など、今では考えられないほど幅広い人たちが出演した。 中田ひろみ「事前の勉強も積極的」• しかもブランドのマークがついてるものは絶対にダメなので、手持ちのブランドロゴが入ったポロシャツなどは、情報バッチで隠すようにしていました」と鹿野。

7

脚本「600こちら情報部」詳細情報

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

😎 帯「そうしたらすごく発言を抑えてくださったんです」• 島リポ「田端さんは80歳を超えて今もお元気でいらっしゃいます。 高田文夫 「ペン持つ手をマイクにかえて」• 」 さて、ここでちょっと番外編! 帯さんには内緒で準備した娘さんの手紙なのですが、書いたご本人の菜奈さんは放送当日お母さんの付き添いでスタジオに! ご本人を見てスタッフ一堂ビックリ!お母さんの若い頃にそっくりです! 6年間で1300回以上の放送があった『600こちら情報部』、最初の4年間は合わせて10回分ほどしか保存がありません。 」 帯さん「実は私も全部録ってあったんですが、引っ越したときに何故か全部紛失してしまったので…」な、なんと!!残念…なんとか見つからないでしょうか(涙) さて、 1978年から6年間、毎日夕方6時に生放送でお送りしていた『600こちら情報部』。

600 こちら情報部

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

😚 6年間に送っていただいたイラストは130万枚を超えたといいます。

3

600 こちら情報部

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

🌭 「こんなん釣れました!」みたいな面白い釣果も大歓迎です。 」 2年目からはご意見番役の田端彦右衛門さんも加わり、3人で番組を進行しました。 当時、人気絶頂の阪神・掛布雅之選手や大相撲の蔵間関、アイドルとして超人気だった榊原郁恵ちゃんが出演した時は、なぜかスタジオがいつもより人が多かった。

12

600こちら情報部

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

🤘 見てくださる方に問いかけたら、情報は生き物になるの。

7

『600こちら情報部』懐かしのコールも!

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

😆 License:• テレビの前の方と情報のキャッチボールをすることだって出来るんだから。 こちらは首相官邸…! なんと当時の大平正芳総理大臣に小学生の情報部員とともにインタビュー! 女の子「大平さんは、小さい頃に女の子にラブレターを書いたことはありますか?」 「あ~、この女性…え~、…」 武内アナ「大平総理に、現職の総理に!?」 帯さん「Tシャツで!…お優しい方だったんです。

8

脚本「600こちら情報部」詳細情報

こちら 情報 部 600 こちら 情報 部 600

😈。 黒部幸英 「若さあふれる19歳」• 政治経済にスポーツ、芸能まで幅広くなんでも出してしまおうというコンセプトだったんですね。 そういう話を小さいころからずっとして…だから心をこめて何でも頑張りましょうと言ってきました。

2