コムソモレツ 潜水艦。 ノルウェー 10万倍の過剰な放射能レベルを記録 沈没した旧ソ連潜水艦で【写真・動画】

沈没したソ連の潜水艦を調べたら、通常の80万倍の放射線量だった

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

👇 4月10日には、空気タンクは空になり、第7、第8区画が浸水し始めた。 乗員:32名• 特別の安全措置として、手動で制御棒が最底部までおろされたが、これは、生命を実際に危険にさらすほどの重大な被ばくの危険をともなう作業であった。

20

ノルウェー 10万倍の過剰な放射能レベルを記録 沈没した旧ソ連潜水艦で【写真・動画】

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

✌ 1989年4月7日、巡回活動中だったソビエトの攻撃型原子力潜水艦コムソモレツが水深380メートルを潜航していた際に、船尾で火災が発生。

沈没したソ連の潜水艦を調べたら、通常の80万倍の放射線量だった

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

👏 居住性 原子力潜水艦としては小型の艦であったが、自動化が進んでいたため乗員は僅か32名 士官のみ しか必要とせず、居住環境はソビエト(ロシア)の潜水艦のみならず各国の潜水艦と比較しても高く、艦長のみならず各長の個室が用意され、全乗組員分のベッドが設置されている(潜水艦は3交代制下での非番乗組員分しかベットが設置されないのが通例である)。 事故の原因は、潜水艦の乗組員の訓練が不十分だったことにあった。 また、火災発生後、機密漏洩を懸念するあまり救助活動が遅れ、火災だけでなく、脱出後の海上の寒冷による死者も発生した。

最大・最深・最速:ソビエト潜水艦の記録破りの世界

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

🤲 水深100メートルで、K- 162は時速82. この悲劇は42人の乗組員が死亡した、の火災事故として知られています。

20

ノルウェー 10万倍の過剰な放射能レベルを記録 沈没した旧ソ連潜水艦で【写真・動画】

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

😗 2番艦以降は原子炉の形式を改めたが、それでも根本的な解決にはならず、1次冷却系を主にたびたびトラブルに見舞われ、放射能漏れ事故も数回発生している。 その後、に予備役、に除籍とされたが、破損した冷却水配管は満足に補修されていない。 破損した原子炉の燃料部品は、通常のやり方では取り出すことはできない。

沈没したソ連の潜水艦を調べたら、通常の80万倍の放射線量だった

潜水艦 コムソモレツ 潜水艦 コムソモレツ

🤛 予備浮力:31• 船体構造:チタン製複殻式、9区画• この潜水艦は、原子炉と核弾頭二発を搭載したまま沈没し、現在、水深1685メートルに横たわっている。 80万倍の放射線 ノルウェー当局は7日、初めてを実施。

5