蜻蛉 日記 うつろ ひたる 菊。 『蜻蛉日記』の作者藤原道綱母と兼家との恋のやり取り

蜻蛉日記「うつろひたる菊・町の小路の女」原文と現代語訳・解説・問題|なげきつつひとり寝る夜

ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ

☯ (おなたが怒るのも)とても 当然であります。 けっっっこうな性格をした男性であり、 色々 あんまり褒められない エピソード満載な人なんですが、魑魅魍魎が跋扈する平安時代の宮中を牛耳ろうって人が、たった一人の妻を大事にし、その子どもだけを愛する……なんて品行方正な人物だったら、藤原家はこんなに繁栄しなかったでしょう。 げにやげに冬の夜ならぬまきの戸もおそくあくるはわびしかりけり」 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたる。

1

『蜻蛉日記』「うつろひたる菊」の現代語訳と重要な品詞の解説3

ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ

😊 22 つれなう ク活用の形容詞「つれなし」の連用形。

5分でわかる蜻蛉日記!概要、あらすじ、冒頭、和歌などわかりやすく解説

ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ

😝 [うつろひたる菊] 色変わりした菊。 うーん、白々しいですね。

高等学校古典B/蜻蛉日記

ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ

🤩 』など言いつつあるべきを (=内裏に行く、仕事なんだよ、と言い訳しては出で行っていたのに)」、 だんだん厚かましくなって、まるで当り前みたいに、 「内裏に」なんて言い訳もしないで出て行くようになった。

7

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説

ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ

👉 やっぱりだと、たいそうつらいと思うけど、どう言おうかも分からないでいるうちに、二、三日ほどたって、夜明けごろに門をたたく時があった。 (その後やってきた兼家は)なにくわぬ顔をして、「しばらく(訪れないで、あなたの気持ちを)試している間に。

10

『蜻蛉日記』「うつろひたる菊」の現代語訳と重要な品詞の解説3

ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ ひたる 蜻蛉 日記 菊 うつろ

🤛 (私は)納得できず(おかしいと思って)、召し使いの者をつけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、お止まりになりました。 る 完了の助動詞「り」の連体形。

11