マグロ åĨŗ。 マグロåĨŗをčĒžã‚ã†

マグロåĨŗ子とはīŧŸį”ˇæ€§ãŒå†ˇã‚ã‚‹ãƒžã‚°ãƒ­åĨŗ子ぎį‰šåž´ã¨į”ˇæ€§ãŽæœŦéŸŗをč§ŖčĒŦ

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

✊ ã‚ģック゚ãƒŦã‚šã‚’č§Ŗæļˆã—たいぎãĒら、äŊ•ã‚ˆã‚Šã‚‚旊期č§Ŗæąēが大切ですīŧ ã‚ģック゚ãƒŦã‚šãŽæœŸé–“ãŒé•ˇããĒればãĒるãģお、それをäŋŽåžŠã™ã‚‹ãŽã¯å›°é›ŖãĢãĒりぞす。

マグロでもæŋĄã‚Œã‚‹īŧŸæŋĄã‚Œã‚‹ã‘ãŠæ°—æŒãĄã‚ˆããĒい

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

⚡ 䞋えば、æ—ĸ劚åĨŗ性ãĒã‚‰ã€ŒãĄã‚‡ãŖとでかけãĻくる」といãŖãĻ、ãĩと外å‡ēしぞしょう。 įĩŒé¨“å°‘ãĒいåŊŧだとéŋåĻŠãĢついãĻãŽæ„č­˜ãŒč–„ããĻ、 į”Ÿã§ã‚„ãŖãĻくるäē‹ã‚‚あるから気をつけãĻ。

1

マグロåĨŗはį”ˇæ€§ãĢåĢŒã‚ã‚Œã‚‹īŧãƒžã‚°ãƒ­åĨŗぎį‰šåž´īŧ†åŽŸå› ãƒģ克服斚æŗ•ã‚’č§ŖčĒŦīŧ

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

👌 įĸēかãĢã‚ģック゚ぎテクニックがäŊŽãã€åĨŗ性ãĢåŋĢ感を与えられãĒいį”ˇæ€§ã¯å­˜åœ¨ã—ぞす。

2

マグロåĨŗぎ意å‘ŗとはīŧãƒžã‚°ãƒ­åĨŗぎį‰šåž´ãƒģ攚善斚æŗ•ãĢį”ˇæ€§ã‹ã‚‰ãŽå°čąĄã¯

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

✍ マグロåĨŗから抜けå‡ēす斚æŗ• エッチ中ãĢ動かãĒいãƒģ喘ぎåŖ°ã‚’å‡ēさãĒいį‰šåž´ã‚’持つマグロåĨŗはį”ˇæ€§ã‹ã‚‰éŋけられ、į›¸æ‰‹ãŒåŊŧ氏であれば振られる可čƒŊ性がありぞす。 マグロåĨŗ子、トビã‚Ļã‚ĒåĨŗ子ãĢこだわるよりも、č‡Ēåˆ†ãŸãĄãŒæ°—æŒãĄč‰¯ã„ã¨æ„Ÿã˜ã‚‹ã‚¨ãƒƒãƒã‚’åŽŸįžã§ãã‚‹ãŸã‚ãĢåŠĒ力するようãĢしぞしょう。

20

マグロåĨŗ子とはīŧŸį”ˇæ€§ãŒå†ˇã‚ã‚‹ãƒžã‚°ãƒ­åĨŗ子ぎį‰šåž´ã¨į”ˇæ€§ãŽæœŦéŸŗをč§ŖčĒŦ

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

👐 į—Šã›ãĻã„ã‚‹ã›ã„ã‹ã€æŠąãåŋƒåœ°ãŒã‚ˆããĒいしベットも 反åŋœãŒč–„くマグロįŠļ態。

15

マグロåĨŗをčĒžã‚ã†

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

👀 そこぞで世į•Œåšŗ和を望んでぞせん。

16

マグロåĨŗ子とはīŧŸį”ˇæ€§ãŒå†ˇã‚ã‚‹ãƒžã‚°ãƒ­åĨŗ子ぎį‰šåž´ã¨į”ˇæ€§ãŽæœŦéŸŗをč§ŖčĒŦ

åĨŗ マグロ åĨŗ マグロ

🌏 ã€Œã‚ã‚Œæ°—æŒãĄã‚ˆã‹ãŖたよ」 「〇〇くんぎãŖãĻ最éĢ˜īŧã€ į”ˇæ€§ã¨ã„うもぎは、åĨŗ性ãĢæ„›æƒ…čĄ¨įžã‚’されるとéŖ›ã‚“で喜ãļもぎãĒぎですīŧ æē帯を気ãĢしãĻはいけぞせん マグロåĨŗぎ一つぎį‰šåž´ãĢ「į›ŽãŽå‰ãŽį”ˇæ€§ãĢはそãŖけãĒいけお、やたらæē帯は気ãĢする」というもぎがありぞす。 マグロåĨŗぎぞぞでいることは、時ãĢはäēŒäēēぎé–ĸäŋ‚č‡ĒäŊ“ã‚’åąã†ãã™ã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ã€‚ æ°—æŒãĄč‰¯ã„ã¯į´ į›´ãĢäŧãˆã‚‹â€ĸ しかしã‚ģック゚ãĢ上手もヘã‚ŋも、垗意もč‹Ļ手もありぞせん。

6