古本 説話 集。 説話集と絵巻の年表

「古本説話集」の西三条殿若君遇・百鬼夜行・事について質問します。『火とも...

集 古本 説話 集 古本 説話

👉 和歌は心を揺るがす みなさん、こんにちは。 うつぶせていると、この鬼どもが、「ここに人間の気配がする。 . など仏を損なひ給ひけん」と言ふ。

11

「古本説話集」に関するQ&A

集 古本 説話 集 古本 説話

📱 「あきれ返ったことをもしてしまったなあ」と(法師は)思って、泣 きながら座っていたときに、人々が大勢来る声がする。

11

古本説話集②

集 古本 説話 集 古本 説話

✌ 紫式部はいよいよ心づかいの優れた、すばらしい女房として上東門院にお仕えしているうちに、伊勢大輔が上東門院に女房として参上しました。

古本説話集②

集 古本 説話 集 古本 説話

👎 こんなけったいな鼻を持った人がこの世にほかにおいでになるならば、よそで鼻持ち上げもしように。

古本説話集 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

集 古本 説話 集 古本 説話

🌭 奈良より年に一度、八重桜を折りて持て参るを、紫式部、「今年は大輔に譲り候らは む」とて、譲りければ、取り次ぎて参らするに、殿、「遅し、遅し」と仰せらるる御声 につきて、 いにしへの奈良のみやこの八重桜今日九重に匂ひぬるかな 「取り次ぎつるほどほどもなかりつるに、いつの間に思ひ続けけむ」と、人も思ふ、殿 もおぼしめしたり。

19

古本説話集 / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

集 古本 説話 集 古本 説話

🙂 」と、言うと、先程よりは近くまで寄ってきて、手をかけるかというくらいまで来た。 彼女も歌人の家系なので、殿(上東門院の父、道長)はたいそう大切になさいました。 人もなくて荒れゆきけるを、貫之、土佐より上りて、参りて見けるに、あはれにおぼえければ、ひとりごちける、 君なくてけぶ り絶えにし塩釜のうらさびしくも見えわたるかな」ここの一文の現代語訳を教えてください。

7